就職・転職

就職・転職について

メニュー| 転職サイト | 就職や転職 | 資格 |

転職サイト

転職サイト

転職サイトなんかでよく資格のことに言及されたりしていますね。まあ資格に関してはそれほど心配することはないようです。資格があるに越したことはありませんけど。

資格さえ持っていれば仕事なんて選り取り見どり・・・といわけにはいきませんよね、やっぱり。難関資格といわれる弁護士や公認会計士にしたってそうです。でも逆を言えば資格を持っていない人でも就職や転職で十分希望が持てるということですよね。資格は・・・あったほうがいいことは確かですが、それが全部じゃないです。

いろいろな資格がありますので、楽に取得できて就職転職に役立つ資格があればいちばんですが。

確かに資格には利点があります。でもそれは就職するまでの話であることが多いようです。就職してからは結局のところ実力が問われるというわけですね。

転職する場合は企業とのマッチングが大事になってきます。相手企業が求めている人材の基準と自分が適合しているかどうかということですね。

したがって、採用する側にしてみれば、企業が求める人材像の経験、スキル、実績といった採用基準をきちんとカバーできているかどうかをまず確認するでしょうね。

順番としては自己分析や業界・企業に関する情報収集をしてある程度転職先についてのイメージができてきたところで求人広告などの募集要項を目にする。「これだ!」ということで履歴書を書き始める、ということになるでしょうか。

あなたは企業の情報を集めますね。企業もあなたの情報が欲しいわけですが、それはまず手始めに履歴書や職務経歴書ということになります。書類審査というわけですが履歴書は職務経歴書であなたの情報を分析して採用候補に入れるかどうかを決めます。

企業が重視するであろうポイントを履歴書や職務経歴書がクリアしていれば書類選考は通ります。転職となると履歴書や職務経歴書というものが非常に大きなウェイトをしめます。転職活動では書類選考が最大の難関でしょうが逆の見方をすれば、書類選考を突破することで転職活動はまずまず成功したといえることでしょう。

では就職転職活動について総括しておきましょう。

自分は転職しないから転職のことなんて知らなくていい、そう思う人もいるかもしれませんが、現代社会で一つの会社に頼るということは非常に危険なことです。昔とは違ってサラリーマンを消耗品としかみていない会社が多くなりましたから。一つの会社に頼っていると追い詰められてしまう結果になります。鬱病や自殺が多いのはそれを示しているのでしょう。自分を守るための知識武装が必要です。

[PR]事故車 査定ふくらはぎダイエット